診断結果

鉄分の効果とは?摂取基準や含有量が多い食品について

鉄分には、全身に酸素を送り届けたり、貧血を防いだりする効果があります。

この記事では、以下の点についてご説明します。

  • 鉄分の効果
  • 鉄分が不足したらどうなるのか
  • 鉄分を過剰摂取したらどうなるのか
  • 鉄分を1日どのくらいとればいいのか
  • 鉄分が多い食品は

鉄分の効果とは

酸素を全身に送る:機能鉄

鉄は、ヘモグロビンや、筋肉中のタンパク質であるミオグロビンの元になります。これらの働きにより、呼吸で得た酸素を全身に送り届けます。

鉄が不足した時のために貯蔵される:貯蔵鉄

筋肉や髄液、肝臓などに貯蔵されている鉄を貯蔵鉄といいます。機能鉄が不足した際に利用されます。

鉄分が不足するとどうなる?

鉄分が不足すると、貧血になることがあります。他にも、頭痛、動悸、倦怠感などの症状が出ることもありますが、必ずではありません。

鉄分が不足した場合は、過剰摂取を避けるためにも基本的に食事で補うといいでしょう。鉄分不足の方は、何を食べるべきか医師に相談するのもいいかと思います。

鉄分を過剰摂取するとどうなる?

普通の食事をしている限りは、鉄分の過剰摂取にはなりにくいでしょう。

その理由は次の2点です。

  1. 元々鉄は体内に吸収されにくいから
  2. 腸に存在するフェリチン鉄には、鉄分の吸収を調整する働きがあるから

ただし、サプリメントを使用した際は過剰摂取になる場合があります。鉄沈着症や、幼児の場合は急性中毒を引き起こし、臓器障害や最悪の場合は死に至ることがあります。

鉄分の摂取基準

引用:鉄の食事摂取基準(mg/ 日)

 

鉄分の吸収率

鉄分の吸収率は15%程度と言われています。体内の鉄分が少なければ吸収率が高くなり、多ければ吸収率は低くなります。

鉄分の吸収が高まる栄養素
  1. タンパク質
  2. アミノ酸
  3. ビタミンC
鉄分の吸収を抑制する栄養素
  1. フィチン酸
  2. タンニン
  3. シュウ酸

鉄分が多い食品

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄の方が吸収されやすくなっています。ヘム鉄は動物性食品に、非ヘム鉄は植物性食品に多く含まれます。

ヘム鉄が多い食品
  1. レバー
  2. 赤身魚
  3. 赤身肉
  4. 貝類 など
非ヘム鉄が多い食品
  1. 小松菜
  2. ほうれん草
  3. ひじき
  4. 卵黄 など
ABOUT ME
健康思考系男子
体質改善、筋トレなど、健康改善に取り組んでいる。