よくある質問

健康診断前日の過ごし方|守るべき7のポイント

健康診断前日はどのように過ごせばよいのでしょうか。ここでは、健康診断前日にやってはいけないことをご紹介します。病気の前兆を見逃したり、再検査が必要になったりしないよう、ぜひ以下の点を守ってください。

健康診断前日の過ごし方

前日の夜9時以降は食事を控える

検査時間から10時間以上の空腹を守りましょう。飲食をすると、中性脂肪や血糖が高値になるためです。夕食は軽めに済ませましょう。

前日の夜9時以降は水やお茶を飲む

同様に、糖分の含まれた飲み物も夜9時以降は避けた方がいいかもしれません。基本的に水やお茶を飲むのが無難です。コーヒーも飲んでもいいですが、缶コーヒーには無糖と書いてあっても糖分が含まれていることがあるので、要注意です。

健康診断前日のお酒は控える

脂質代謝や肝機能に関わってくるため、前日の飲酒はおすすめしません。やむを得ず飲酒をする際は、深酒を避けできるだけ早いタイミングでウーロン茶など、糖分の入っていない飲み物に切り替えましょう。

タバコは前日であれば可だが当日は控える

タバコは前日であれば吸っても大丈夫でしょう。ただし、当日は朝から控えるのが無難です。タバコを吸うと胃壁が刺激され、胃液が出ます。するとバリウムがうまく胃壁につきにくくなり、再検査が必要になる場合があります。

筋肉が疲労するような運動は避ける

球技や格闘技、筋トレのような激しい運動は避けましょう。肝機能や尿酸値を正確に測れなくなる恐れがあります。

十分な睡眠をとる

ご自身の感覚で構いませんので、十分な睡眠をとるようにしましょう。睡眠不足の場合、尿検査や血液検査に影響する恐れがあります。

前日も薬を服用してもいいか、主治医に問い合わせる

持病の治療で薬を服用している場合、健康診断の前日にも飲んでいいかどうか主治医に確認しましょう。

まとめ

健康診断前日に守るべき点について、基本的なことをお伝えしてきました。どういう検査をするのか?午前に行うのか午後に行うのかなど、検査方法や病院によって細かな点が異なる場合がありますので、詳細がきになる方は病院や勤務先に確認しておくと安心です。

ABOUT ME
健康思考男子
体質改善、筋トレなど、健康改善に取り組んでいる。